取り扱い品目

もういっこ

宮城県特産いちご「もういっこ」とは…
宮城が生んだブランド苺

大粒の果肉と、さわやかな甘さが特徴の宮城県産のいちご。
糖度の酸味のバランスが良く、そのすっきりとした甘さには、大粒の果肉にもかかわらず、ついつい「もう一個」と手を伸ばしてしまう程の魅力があります。
いちごらしい鮮やかな赤色で、果実は硬め。日保ち性にも優れています。
贈り物にも最適で、いちご好きの方にも一度は食べていただきたい自慢の品です。

とちおとめ

東日本のシェア1位「とちおとめ」とは…
1ランク上のおいしさを実現

とちおとめは糖度が高めでほどよい酸味を持ちます。
また、果汁が豊富で果実がしっかりしているので、比較的日持ちがよいのも魅力です。
食味のよさから人気が上昇し、東日本のシェア1位となりました。

紅ほっぺ(べにほっぺ)

粒が大きく鮮やかな紅色をしていて、果肉も赤くなるのが特徴。

「章姫」×「さちのか」の交配種として静岡で誕生し2002年(平成14年)に登録された品種です。糖度が平均12~13度と高く、たっぷりの甘味の中に適度な酸味が調和しています。
紅ほっぺという名前の由来は、果皮や果肉が美しい紅色をしていること、そしてほっぺが落ちるような食味のよさを表現しているそうです。
紅ほっぺはサイズが大きく、甘味は強いですが酸味もやや強いのが特徴です。イチゴ本来の甘酸っぱさと深い味わいを堪能できる品種といえるでしょう。

よつぼし

日本で初めて実用利用されはじめた種子繁殖型イチゴ品種

名前の由来は「甘味」、「酸味」、「風味」が揃って「よつぼし」級に「美味」しい事と、
4つの機関が共同で開発した期待の品種という意味が込められているそうです。
形は比較的整った円錐形で、香りもよく、半分に切った断面を見るとわかるように、果実の中もかなりしっかりと赤い色がついています。果芯の空洞はわずかに見られます。
食べてみると、固くなく柔らかすぎもせず適度な食感で、酸味は強くなく甘味が広がる感じです。